福島キッズのために、浜町商店会がマグロ解体ショー

外で思いっきり遊べない福島の子どもたちが、この青森県で夏休みを過ごす
「ふくしまキッズin青森」。
8月2日から10日までは、この下北半島で思い出づくりをしました。

地元大間の浜町商店会が「福島の子どもだぢのために、1本やるが!」
と立ち上がり、通常は9月の日曜日から始まるマグロ解体ショーをスペシャル開催。


キッズは、骨がぺらんぺらんになるまで中落ち取り。
そのあとママたちは、骨のズイにあるコラーゲンをお召し上がり~。
翌日、お肌がぷるんぷるんになったことでしょう。
そしてみんなで、マグロ定食をご堪能。
大間のマグロの味を知ってしまったキッズたち。
なかなか味にうるさい大人になるやも知れません。

さあ、マグロが跳ねる季節になってきました。
浜町商店会が開催する「日曜日はマグロだDAY!」。
大間港の旧冷蔵庫(通称キュウレイ)にて、9月10月の毎週日曜日に開催。
毎回、大物マグロを解体、即売いたします。今からご予定入れといてくださいね。
そして、朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭りは、10月20日(土)・21日(日)に開催です。

アーカイブ

PAGE TOP