お勧め観光ルート

西吹付山展望台から見る函館の夜景

本州最北端・大間崎

本州最北端の碑 本州最北端の碑
北緯41度33分、東経140度58分。「ここ本州最北端の地」の石碑の文字に、いやがおうにも最果て気分が盛り上がるでしょう。

マグロモニュメントマグロモニュメント
津軽海峡をはさんで函館市汐首岬までの距離はわずか17.5キロメートル。平成6年に水揚げされた440キロのマグロの実物大モニュメントとともに記念写真をどうぞ!

弁天島 大間埼灯台
白黒のツートンカラーが印象的な大間埼灯台は、大正時代に大間崎の目の前にある弁天島に建設されました。日本の灯台50選にも選ばれている美しい灯台です。

大間漁港荷揚げ場

大間漁協荷揚げ場大間マグロのシーズンは8月下旬~年明けまで。運が良ければクレーンで吊り上げられる巨大マグロに出会えるかも?!300キロの大物はすでに怪獣???

青空通り

青空通り弦辰丸大間漁協から大間港までの海沿いの道は、2000年に放送された朝の連続テレビ小説『私の青空』にちなんで、「青空通り」と呼ばれています。ドラマの中で使われた漁船「第一弦辰丸」が、脚本家の内舘牧子さんの寄せ書きとサインとともに展示されています。

旧冷蔵庫(キュウレイ)

旧冷蔵庫8月の「ブルーマリンフェスティバル」、9~10月の「日曜日はマグロだDAY」、10月の「朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り」でマグロ解体ショーの会場となるのがここ!本州最北の商店街・浜町商店会がすぐ近くにあります。

西吹山展望台

西吹付山展望台函館の夜景を「横」から見るから「横夜景(横やげ~)」
夜の闇とともにキラキラと函館が輝きだすと、大間の漁師の心もザワザワとしはじめるのです。

親不幸通り・新親不幸通り

親不孝通り夜のお店が集まる大人の社交場です。元気で楽しい漁師町のおねえさん方がおもてなししてくれます。テレビで有名なあの漁師さんが飲みに来ているかも?!

大間崎から足をのばして…

赤石海岸赤石海岸
大小の奇岩が海中から突き出して、独特の味わいのある風景が楽しめます。特に夕暮れ時がおすすめです。

材木岩材木岩
江戸時代の紀行家、菅江真澄がこの地を訪れたときの様子を『牧の冬枯れ』に書き残しています。昔はここから岩を切り出して建物などに利用していたそうです。

津鼻崎津鼻崎
初夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせるスカシユリの群生地です。 石英安山岩の柱状石となっている岬の景観にもご注目。遊歩道が整備されています。