四号機

大間町ネタ

  1. 7月16日 海の日!大漁祈願祭!天妃様行列!

    国民の祝日の一つ『海の日』に、大間では『大漁祈願祭』と『天妃様行列』が行われます。天妃様とは、東南アジア各地の海辺地帯に祀られている海上守護の女神(媽祖:まそ)様のこと。全国的にも珍しく、東北ではここ大間だけで行われている祭事です。7月16日 朝、大間港から御神楽をのせた船が沖に出て、御神酒で清…

  2. 『大間マグロ』揚がりました!!

    7月5日(木)雨ときどき曇り。暖かく湿った風がゆるやかに流れる午後。穏やかに凪ている沖から勇壮に帰ってきた船には、今シーズン初水揚の『大間マグロ』がのっていました。第一 八千代丸:熊谷 義宣さん 11㌔と9.8㌔の2本。目の前の海に獲物がいると思うと、居ても立っても居られない!…

  3. サメ!サメ!サメ!

    今の時季、大間ではどんな魚が水揚げされているのかな?と、大間漁業協同組合:水揚場に行ってみると大量のサメにビックリ!!この時季はタナゴやタコなどの他、7割がたがサメだそうです。大間で水揚げされたサメは青森・八戸・石巻などの加工場にいき、かまぼこやはんぺんなどの加工品になるそうです。大間で…

  4. 大間町観光協会~新人さん~紹介!

    今年5月から大間町観光協会臨時職員として商工会内で働いている大間町出身の遠藤有華(えんどうゆうか)さん20歳です。写真:大間町商工会むかいの稲荷神社をバックに…。「弘前の女子短大卒業後、都会に出て働くよりも、故郷の大間で働きたいという気持ちが強かったんです。社会人1年目、まだまだ未熟で失敗…

  5. 大間町の鳥は『カモメ』です~!

    カモメ群れ飛ぶ~ 大間崎~ 遥かに見える北海道~♪…と、大間小学校校歌にも登場する『カモメ』は大間町の鳥です。(ちなみに大間町の花は「ハマナス」、大間町の木は「黒松」です)◆大間町役場ホームページより◆http://www.town.ooma.lg.jp/docs/33/34,33.php…

  6. アートなフェンスの下手浜児童公園!

    大間崎からほど近い場所にある『下手浜児童公園』。(徒歩5分ほど…)ブランコ・鉄棒・滑り台などの遊具のほか、思わず駆けっこしたくなる広い敷地がひろがっています。この日はサッカーをして楽しむ子供の歓声と共に、海からの爽やかな風が吹き、とても気持ちの良い場所でした。傾斜のある高台なので、晴れている…

  7. 端午の節句にはマグロのぼり!!

    大間のわらさんど(子ども達)に「5月5日、空に泳ぐ魚はなんですか?」と聞くと、声を揃えて「マグロ~!!」と答えます。そうなんです!大間では5月5日端午の節句に鯉のぼりではなく、マグロのぼりが泳ぐんです。4月吉日、今年も早々とマグロのぼりが泳ぎました!!津軽海峡フェリー乗り場に程近い『第十七…

  8. 弁天神社例大祭『さがさんじ』

    雲行きが怪しくなってきている本日4月3日。大間稲荷神社で『さがさんじ』の神事が行われました。大間では4月3日に行われる弁天神社例大祭の事を『さがさんじ』と言います。弁天様の命日が3日なので4月を除く毎月、最北端にある弁天神社拝殿で月次祭が行われ、本来ならば4月は大祭なので弁天神社本殿に御…

  9. 意外に雪がない?!大間町の冬です

    冬に大間に来られた方がまず驚くのが「雪ないんですね!」ということ。イメージからすると、どうやら雪が3メートルくらい積もってて、流氷が流れ着いて、気温はマイナス20℃くらいになって(オーバーな表現)…みたいなふうに思われているフシもありますが、ご覧の通り実は大間町の冬は積雪がほとんどありません。…

  10. 本州最北端からメリークリスマス★大間のクリスマスツリー

    クリスマスと言えば…お向かい函館の「はこだてクリスマスファンタジー」が有名ですね。12月に入ると函館の姉妹都市であるカナダ・ハリファックス市から贈呈された大きなもみの木が金森倉庫ベイエリアの海上に飾られます。巨大ツリーと一緒にハリファックス市からは何本か小さめの(とは言っても高さ2~3メートルの…

アーカイブ

PAGE TOP