日本語 |  English

今年の賞品は大間のマグロ!青天の霹靂も!第24回大間町産業祭のお知らせ


2016年産業祭ポスター

第24回 大間町産業祭
日時 :
平成28年11月19日(土)9:00から16:00まで
平成28年11月20日(日)9:00から15:00まで
場所 :
大間町総合開発センター

今年も産業祭の季節がやってきた!
試食コーナーでは、昨年の大好評にお答えし、今年はなんと大間牛も両日の振る舞い!”陸マグロ”大間牛の素焼き50食、オコッぺいもっこの塩煮100食をご用意いたします!11:30~先着順・無くなり次第終了となりますので、お時間前にお越しいただく事をお勧めします。
塩煮したじゃがいもに塩辛のトッピング!これぞ漁師町・大間流です。
温まって行って下さいね☆
奥戸いもっこ
販売コーナーには、大間牛、マグロバーガー、海産物、青森ヒバ製品などが大集合。
今年は大間の衣料スーパー・はとぽっぽ、出店!衣類や靴などの日用品も、この日だけの特別価格でご提供~!
縁あって鶴田町の消防団も出店します。スチューベンぶどうなどの地元の美味しいものを販売しますよ☆
産業祭の目玉といえば会場内でお買いものすると参加できるガラポン大抽選会。今年の特賞は、ななななんと、「大間のマグロ 3点セット」!特A県産ブランド米・青天の霹靂10kg、大間牛も今年も出します!
毎年好評の100円千本くじもありますよ~☆(19日13時、20日11時、14時の3回。各回先着50名)
千本くじ
これは昨年の様子。この坊やは、100円で台所用洗剤セットを見事に引き抜きました!(母親は、手前に見えるオコッぺいも詰合せを狙っていたそうですが)
その他にも、ステージイベントの大間町内の園児によるまぐろソーランなどの遊戯、20日開催の健康測定会、消防署による消火訓練体験などなど、盛り沢山の内容となっています!大間の安い!旨い!が勢揃いの産業祭へぜひお出かけください~!!
※どれもこれも限定数ですので、午後には売切れ品が目立ってくるのが恒例。
出遅れてガッカリしませんよう、気になるお品がある方はどうかお早目にお越しくださいね~!

~お車でお越しの方へのお願い~
総合開発センター前は駐車禁止場所を設置していますので混雑が予想されます。
お向かいの駐車場をご利用くださいませ。
※イベント内容は変更になることがあります。予めご了承ください。
お問合せ:大間町役場産業振興課
電話 0175-37-2111 (平日8:30~17:00)

【レポート】2016年も、やり遂げました。朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り!


nobori

超マグロ祭りを控えた1週間、不漁が続き、解体ショーができないかも知れない、という危機に見舞われた今年。みなさまには、ほんとうにご心配をおかけしましたこと、心からお詫び申し上げます。
例年は、1日に3回、100キロクラスの大物マグロで会場を湧かせる、祭りの目玉の解体ショー。祭り前日まで粘りに粘って、なんとかかんとか60キロクラスのマグロを3本は確保することができたのですが、残念ながら解体ショーの実施は10月29日の土曜日のみ。10月30日の解体ショーは中止とさせていただきました。30日に、解体ショーを楽しみにご来場くださったお客さまには、ほんとうに申し訳なく、重ねて心からお詫び申し上げます。
この2日間、マグロに負けないおもてなしをしようと、スタッフ一同、がんばりました。今年の超マグロ祭りの様子を、写真とともにご報告いたします。

 

初日の29日のマグロ解体ショー。お客さんがぎっしり詰めかけてくださって、
3回の解体ショーを実施。合わせて、大間産ブリなどの販売も行いました。

 

tairaku

会場では、大間出身の落語家・三遊亭大楽師匠が盛り上げ役。
町の観光大使になってます。師匠がマグロなら、かなりいい値段がつくでしょう。

 

yoshimi

元気の出る歌声で盛り上げてくれたのは、北野好美さん。
マグロとツーショットのステージは、なかなか見られませんぞ。

 

この超マグロ祭りに合わせて、函館から大函丸に乗って、
親子サイクリングツアーのみなさんが来てくださいました!金澤町長はじめ、
大間高校のめんちょこ活動部などのみんなが、大函丸を旗振りウエルカム。

 

uminari

津軽海峡をバックに、気合いの海鳴り太鼓でおもてなし。
写真ではわからないと思いますが、風がぴしぴしと冷たくて、
ものすごく寒いはずです。

 

uochu

まぐろ丼やらカブト焼き、魚汁にマグロバーガーなどなど、
出店のみんなも精一杯がんばりました。